Skip to content →

writeと四則演算

今日勉強するコード

このコードは、「よくわかるJavaScriptの教科書」を参考に制作しています。

計算式だ…。数学はちょっと苦手だ。

これは四則演算って言うらしい。

「四則演算」っていうのは 、足し算とか、引き算とか、掛け算とか、割り算 のことをいうらしい。へぇ…知らなかった…。

● document.write ってなんだ?

まずは、このdocument.write(ドキュメント.ライト)について調べてみよう。write(ライト)は書くって意味らしい。英語も不得意だから困ったなぁ。きっと「書きだしますよ」ってことなんだろうな。

writeメソッドは、ドキュメントに文字列を書き出します。 タグを書き出すこともできるので、例えば<IMG>タグを書き出してページ上に画像を表示させたりすること可能です。

引用元: http://www.htmq.com/js/document_write.shtml

んー…。

ということは、このメソッド(関数?)のかっこの中、たぶん引数(?)に、文字とかを入れたら、それを表示してくれるってことかな。文章を入れたら文章が表示されて、タグを入れたらそのように表示してくれる。

● document.open()とdocment.close()

この、document.write()メソッドの前に、ドキュメントを開くdocument.open()を呼び出して、最後はdocment.close()で閉じるっていうのが推薦されているらしい。

これを書かない場合は、自動的にdocument.open()が実行されるようだから、書いても書かなくてもいいのかなぁと思ったりもした….けど推薦されてるなら書いた方がいいよね。

参考: https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Document/write
参考:http://js.studio-kingdom.com/javascript/document/write

もし、document.write()呼び出しが直接HTMLコード内に埋め込まれている場合、 それはdocument.open()呼び出しを行いません。 下記はその例になります。

引用元:  http://js.studio-kingdom.com/javascript/document/write

引用元:  http://js.studio-kingdom.com/javascript/document/write

…???

あぁ!Javascriptのコードがhtmlのbody内のオブジェクトの中に書かれてた場合(divとかの中に?)は書かなくていいんだね!

そっか。だってもうそれはオープンされてこのメソッドさんは中に入っちゃってるもんね!

このメソッドについては大体わかった気がする。つまりこのコードがやっていることは、なんらかのドキュメントの中に文章や数字やタグを表示させてるんだね。

そんでこの計算式はなんだろう…。

● 演算しますよ!

演算機能を使うと、式を計算して答えを表示してくれるらしい。パソコンって賢いね。

この記号は、+は足し算、は引き算、*は掛け算、/は割り算ということらしい。

○ つまりこのコードは…

と、いうわけで、このコードがやっていることは、

まず、フタを開けてdocument.open()
書きだしたい文章やタグや計算式を書いてdocument.write()
終わったらちゃんとフタを閉めましょうdocment.close()
ってことだね!

ちなみにピアノを買うためには…

See the Pen rERBgo by M (@miino) on CodePen.

おわり。

この記事は、「よくわかるJavaScriptの教科書」と、様々なサイトを参考にして書きました。

このサイトは、言語やコードの解説ではなく勉強日記としてのブログです。
単なる日記、物語感覚で読んで楽しんでもらえると嬉しいです。

参考にさせていただいた、たくさんのわかりやすいサイトや書籍からの引用を載せています。同じく勉強中の読者の方は、参考にした書籍やサイトのURLを載せていますので、引用元を確認して頂いた方が確実です。(試行錯誤の勉強中のブログですから、私の文書や解釈には間違いが多くあると思います。)

Published in JavaScript

Comments are closed.